猫

外壁塗装をするには、見積術というか、テクニックのようなものがあります。

でも、そんな、専門的な知識のいることではありません。
ほんの、ちょっとしたこと。
それは、「知っている人に聞け」ですw

いやいや、そんな人がいないから困ってるんだろうが!と言われそうですが…。
外壁塗装の業界は、けっこう、悪い会社があるらしいんですね。

相場よりものすごい高い見積もりを出してきては、仕事自体は下請業者に丸投げし、その会社もまた違う会社に丸投げ…
そんなひどい例もあるようです。

その差額、なんと40万円、なんてことも…。

 

外壁塗装 見積り

見積りについて調べてみました。
「足場」にかかる費用は、単価が1m2、600〜800円。もし700円/1m2だとすると、外壁の面積が200m2の場合、14万円ということになりますね。
「養生」にかかる費用は、1m2あたり150〜170円。200m2の場合、3万円〜3万4000円になりますね。
「高圧洗浄」にかかる費用は1m2あたり200円なので、4万円です。

これらは、塗装する前の必要な作業なので、はずせません。
合計、20万円強、というところですね。

塗料を実際に塗るとなると、下塗り・中塗り・上塗り。

その塗料にも、いろんな種類があります。

価格と耐久性のバランスで、自分なりに考える必要がアリマス。

安いと、耐久性が低い。
高いと、耐久年数が長い。

4年くらいで塗り替えをしたいという方も、おられるようです。
その方が、「メンテナンスの機会が増えて、良い」という考え方。
それもわかりますよね。

アクリル系の塗料は価格安いです。
価格を抑えたい人には、ウレタン系塗料も人気です。

シリコン系塗料、が最近の主流だそうで。
価格と耐久性のバランス、ですね。

耐久性を最重視する人は、フッ素系塗料。
その耐用年数、何と18年〜20年。
費用はかさみますが、長い目で見ると安い。今、お金ある人用ですね。

工事の時には毎回、「足場・養生・高圧洗浄」は必要です。
回数を減らすのが、実は賢いやり方だと言えるでしょう。

例えば、自宅の外壁が、200m2だったとして。
足場が14万円、養生が3万円、高圧洗浄が4万円、合計21万円
アクリル系塗料(←安い)だと合計51万円。
フッ素系塗料(←高い)だと合計90万円
その差、約40万円。

20年後…ということを考えてみると、今年「安い塗料」を選んだつもりでも、51万円 x 5回=255万円もかかる計算になるんですね。意外(汗)。

考えどころですね…。

 

相場がわかってれば、「これはおかしい!」と悪徳業者を突っぱねられるんでしょうが、そうもいかないのがシロートに悲しいところです。

業界では、「信用を得よう!」ということで、
優良業者だけが集まって、『ヌリカエというサービスをやってるんです。
完全無料で。

これで、お客さんと、優良な業者が出会う機会を作ってくれてる、ということです。
自分ちの外壁塗装、ちょっと見積もりというか、値段だけ見てみたいな…という場合も、10秒でわかってしまいます。

便利なサービスが、あるもんですね。
こちらです。↓